忍者ブログ

SAMURAI (ぶろぐ)

左京亮の気まぐれ日記

楽●天
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

年末から雪・雪・雪
年が明けて、後厄も明けて2011年。
やっぱり雪・雪・雪
元旦はお休みを頂いていた。
人との約束があったので朝からお出掛け
所々路面凍結気味。 2駆走行中、思わぬところでスリップ。
今年も私の駄洒落は滑るのか?(笑)
そして、1月2日は仕事始め。
またしてもツルツル。 諦めが早い私は無難に電車通勤
ここはどこ?→筑後国。 温暖化→何ソレ? …な寒々しい毎日が続く。

1月10日早退。 1月11日欠勤。
このところ、すこぶる調子が悪い。 左に加えて、右までもが痛む。
1月15日早退→12時を目前にK病院へ滑り込む。

基本的にF先生は痛み止めの注射はされない。
なので、すぐにどうなる訳でもないのは分かっていたけれど、それでも藁にも縋りたかった。
いや、語弊があるな。 F先生が藁だとは大変失礼な話である。
 私:「先生、痛くて早退してきてしまいました。
    ここ1週間ずっとこんな調子です。
    どうして今になってこんなに調子が悪くなったんでしょう?
 F先生:「事故後初めての冬。 そして、今年の冬は特別寒いもんねぇ。
      夏は夏で痛かったやろうけど、その痛みとはまた違うやろ?
      念のため近々もう1度MRIを撮ってみよう。」

先生、よく分かっていらっしゃる
なんだかその言葉だけですごく安心してしまった
 F先生:「あれ? もしかして熱あるんじゃない?
      看護婦さん、体温計!!」
いやいや、先生。 私、先生にはお熱ないですよ
ピピッピピッピピッピピッ!! 37.6℃
鈍感な左京亮は微熱があるのも知らずに仕事していたらしい
寒さに加え、微熱のせいで痛さが倍増していた模様。
炎症があるかを調べるために、血液検査と尿検査。
白血球像Neutの数値がかなり高くはなっていたが、一応正常範囲らしい。
点滴500mlが終わった頃には36.7度まで下がり、痛みも若干落ち着いた。
吹雪いていた雪も止んでいた。

1月18日、遅刻。 再度MRI→前回と変わらず、要経過観察。
1月19日、早退。
 遅刻・早退・欠勤…このところまともに仕事ができなくなっていた。

 こんな体調のまま働いていても迷惑な話だと思う。
 相当悩んだ挙句、クビになるかもしれないという覚悟の上とうとうシェフに相談。
  「予約伝票は気にしなくて良いから、しっかり休みなさい!!」との温かいお言葉
 しばらくの間お休みさせてもらうことになった。

翌日から寝込んでしまった。

拍手[0回]

PR
コメント
お名前
タイトル
メール
URL
パスワード
  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  非公開
トラックバック
この記事にトラックバックする

06年08月14日~
プロフィール
左京亮
左京亮(さきょうのすけ)

足跡帳
足跡帳


SAMURAI SAMURAI
twitter
ブログ内検索
カレンダー
09 2019/10 11
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
[04/28 金子慎]
[06/24 左京亮]
[10/09 左京亮]
[10/03 イザベー]
[09/02 左京亮]
QRコード
edita.jp【エディタ】
edita.jp【エディタ】
忍者アナライズ
最新トラックバック

(09/27)
(09/18)
(05/14)
(05/13)
(05/02)

RSS

アクセス解析

PR

[PR]